HOME>注目記事>一戸建て住宅を建築する業者の選び方や準備方法を知っておこう

工務店がよいかハウスメーカーがよいか

一軒家

富山県で住宅を建築する場合には、業者にお願いする必要がありますが、この場合大きく分けて工務店とハウスメーカーの2種類があります。それぞれの違いを見ていくと、工務店の場合は地元密着型のところが多いのが特徴です。地元のことをよくわかっていますのでその地域の気候や地形などを考えてより妥当な住宅の建築をしてくれるでしょう。これに対してハウスメーカーの場合には、ブランドを所有しているため好きなブランドから選びそのブランドの魅力をふんだんに引き出した住宅の設計が可能になります。結果的に、魅力的な住宅づくりができます。費用は工務店の方が安い傾向にありますが、完成時期はハウスメーカーの方が早い傾向にあるでしょう。

お金の準備怠らない

住宅を手に入れる場合は、お金の準備をしっかりしておきましょう。富山県で住宅を購入する場合や建築する場合は、いずれも初期費用を十分に用意しておくべきです。住宅本体にたいして住宅ローンを組む場合でも、初期費用は可能な限り現金で用意する方がよいです。どれぐらいの初期費用がかかるかといえば、基本的にその住宅の5パーセント程度になると考えておけば間違いありません。具体的な内容は、不動産会社に支払う仲介手数料や司法書士に支払う登記に関する費用です。

ローンの審査に通るか

富山で住宅を手に入れる人の多くは、住宅ローンを組んでいます。住宅ローンを組む場合のポイントとしては、可能な限り毎月の負担を減らすことです。この負担の金額に関しては、その人の収入によって大きく変わってきます。おおむね毎月の給料の1/4以下の支払いになるならば、それほど大きな負担になることはありません。ただし、ボーナス払いにしている場合は注意が必要です。突然ボーナスがなくなる可能性もありますので、可能な限りボーナス払いを避けるか、ボーナス払いするならば毎月の返済金額をさらに下げることです。